NHKマイルカップ情報&予想

今週末5月8日(日)はNHKマイルカップ(G1、東京芝1600m)です。

予想

結局のところ、「メジャーエンブレム+ルメール騎手と心中するか、否か」の2択になりそうです。
自分の中では、シゲルノコギリザメを差しトウショウドラフタ・ストーミーシーの追い込みをかわすためには、先行策(シゲルノコギリザメの番手がベスト)が絶対条件だと思っています。
ただ、自分が競馬に復帰してから見ている感じだと、ルメール騎手が開き直って先行策をしてくれるイメージがわかないんですよね。
開き直ってくれさえすれば、いい勝負をすると思うし、たとえ負けてもさっぱりしますが…。
日曜のルメール騎手をじーっと観察しながら、直前まで迷うことになると思います。

今のところ、心中するなら
◎メジャーエンブレム○トウショウドラフタ▲ダンツプリウス△ストーミーシー
心中しないなら
◎ダンツプリウス○トウショウドラフタ▲ストーミーシー△ティソーナ
で考えています。
最終予想は↓KLANに反映させますので、よろしくお願いします。

以下5月6日更新分

「カネノイロ」「シゲルノコギリザメ」「ハクサンルドルフ」の3頭が抽選をくぐり抜け出走です。
けっこうアクの強い3頭が来たな、って印象です。
なお、除外になった馬のうち「ミエノドリーマー」は土曜の東京11Rプリンシパルに出走。
「ショウナンアンセム」は日曜の東京6R3歳500万円以下に出走。
「オーヴィレール」「ショウナンライズ」「ツーエムレジェンド」の3頭は今週は出走しません。

出馬表(フルゲート18頭)

  • 五十音順
    アーバンキッド
    イモータル
    エクラミレネール
    カネノイロ
    シゲルノコギリザメ
    シャドウアプローチ
    シュウジ
    ストーミーシー
    ダンツプリウス
    ティソーナ
    トウショウドラフタ
    ハクサンルドルフ
    ブランボヌール
    ブレイブスマッシュ
    ペルソナリテ
    メジャーエンブレム
    レインボーライン
    ロードクエスト

参考レースの質と短評

近走の中では「ファルコンS」「毎日杯」「桜花賞」「皐月賞」をレベルの高いレースと判断し、このレースの上位を予想の軸に据えていきたいと思います。

  • ○12/20 朝日杯FS(G1、阪神芝1600m)
    • △3着 シャドウアプローチ→直線に向いてから、やや外寄りから追い込みを図るもリオンディーズ、エアスピネルには遠く及ばす3着。上位2頭の通った道で芝にも問題がなく、またレース上がり(34.4)にも届いておらず、物足りないと言わざるを得ない。
    • △5着 シュウジ→内からの好位抜け出しを図るも、シャドウアプローチと競り合いながら5着。直線向いたところではいい位置につけていただけに物足りない。
    • ×9着 イモータル→追走でいっぱいいっぱいな感じ。上がり3Fの時計はシャドウアプローチ・シュウジよりはいいけれど…。
  • △2/14 共同通信杯(G3、東京1800m)
    • △2着 イモータル→内からの好位抜け出しで2着粘りこみ。一瞬の切れ味でもないが、長くいい脚を使えてるかというとそうでも…。
  • ◎3/19 ファルコンS(G3、中京芝1400m)
    • ◎1着 トウショウドラフタ→直線を向いてから、中央からの追い込みで差し切り勝ち。不良馬場ということもあり、数字は良くないが良く伸びている。
    • ○2着 ブレイブスマッシュ→直線を向いてから、内からの追い込みでシゲルノコギリザメとの競り合いには勝ったがトウショウドラフタには差され2着。こちらもいい粘りを見せている。
    • ○3着 シゲルノコギリザメ→番手からの好位抜け出し。連対した2頭には差されるもいい粘りを見せる。
    • ×12着 シュウジ→直線で一度ブレイブスマッシュ・シゲルノコギリザメと競り合う場面はあったがそこから伸びることなく12着。いいところなし。
  • △3/21 フラワーカップ(G3、中山芝1800m)
    • ×12着 ペルソナリテ→追走で手いっぱい。いいところなし。
  • ◎3/26 毎日杯(G3、阪神芝1800m)
    • ○2着 アーバンキッド→内からの好位抜け出しで2着粘りこみ。一瞬の切れ味という感じではないが、東京に変わるのは好材料か。
  • ○4/3 マーガレットS(OP、阪神芝1400m)
    • ○1着 ティソーナ→内から好位抜け出し、キアロスクーロの追撃をかわし差し切り。非常にいい伸びを見せる。上がり3Fの数字だけみると毎日杯には遠く及ばない(桜花賞のメジャーエンブレムと同タイム)点をどう捉えるか。
  • ○4/9 ニュージーランドトロフィー(G2、中山芝1600m)
    • ◎1着 ダンツプリウス→内からの好位抜け出し、なんとか後続の追い込みを振り切って勝利。上がり3Fの数字もパッとしていない(一応レース上がりよりは速い)が、この前のアーリントンCも似たような形なので、これが持ち味か。
    • ○2着 ストーミーシー→ダンツプリウスとは対照的に、素晴らしい追い込みも届かず2着。これまで中山・福島で良績を残しているので、上り坂に強いのかも。そうなると、東京では持ち味を100%発揮とはならないか。
    • ○3着 エクラミレネール→ダンツプリウスと直線で競るも、ストーミーシーに差され3着。こちらもパワーのいる中山向きではないかと予想。
    • △5着 レインボーライン→ストーミーシーと同じタイミングで追い込むも、届かず5着。こちらは序盤の位置取りをもう少し前にしたほうが良かったのではと感じる。
  • ◎4/10 桜花賞(G1、阪神芝1600m)
    • ○4着 メジャーエンブレム→直線で内から好位抜け出しを図るもアットザシーサイドに競り負け、ジュエラー・シンハライトにも差し負け4着。中団からの差しでなく、阪神JFのように先行策をもっと積極的に取ってスローペースに持ち込んでいれば。
    • △8着 ブランボヌール→直線後方から追い込むも8着。上がり3Fの数字的にはメジャーエンブレムと大差なし。こちらも阪神JFで3着のため、スローペース歓迎とみられる。
  • ◎4/17 皐月賞(G1、中山芝2000m)
    • ×8着 ロードクエスト→内から好位抜け出しを図るも伸びず8着。いいところなし。
  • ○4/23 橘S(OP、京都芝1400m)
    • ○3着 シゲルノコギリザメ→ファルコンSとは違い、ハナを取って直線でも粘るが差されて3着。しまいもいい脚が残っている。

以下5月4日更新

どうも、競馬にすっかりドハマりしています。
まだブログ投稿と競馬予想の折り合いがうまくついておらず、投稿の更新でご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします。

まずは先週の結果から。
日曜は競馬復帰後はじめてのトータルプラスとなりました。やはり気持ちがいいものですね。
特に3場のメインレースの軸馬を全部当て切ったのは気持ちが良かったですね。
しかし10Rの予想がダメダメだったので、WIN5はとうてい無理な感じでした。
WIN5も10年前にはなかった馬券なので、一度試してみたいんですけどね…。

特別登録馬(フルゲート18頭)

  • 優先出走権
    ダンツプリウス(ニュージーランドトロフィー1着)
    ストーミーシー(ニュージーランドトロフィー2着)
    エクラミレネール(ニュージーランドトロフィー3着)
  • 収得賞金順
    メジャーエンブレム(収得賞金6450万)
    トウショウドラフタ(収得賞金3800万)
    シュウジ(収得賞金3400万)
    ロードクエスト(収得賞金3200万)
    レインボーライン(収得賞金2800万)
    ブレイブスマッシュ(収得賞金2750万)
    ティソーナ(収得賞金1900万)
    ブランボヌール(収得賞金1900万)
    イモータル(収得賞金1800万)
    シャドウアプローチ(収得賞金1200万)
    ペルソナリテ(収得賞金1200万)
    アーバンキッド(収得賞金1150万)
  • 抽選対象馬(収得賞金900万、7頭のうち3頭が抽選で出走)
    オーヴィレール
    カネノイロ
    シゲルノコギリザメ
    ショウナンライズ
    ツーエムレジェンド
    ハクサンルドルフ
    ミエノドリーマー
  • 除外対象馬(収得賞金400万、上位馬が17頭以下になれば出走できる)
    ショウナンアンセム
  • 回避情報
  • オデュッセウス(収得賞金2200万) →距離不安のため回避

オデュッセウスは距離不安のため回避、次走を函館スプリントS(6月19日)に変更。これにより、抽選枠が7分の2から7分の3に。

今後も、回避などの情報がありましたら適宜更新したいと思います。
馬券の検討の軸は、まずは「ニュージーランドトロフィー」「ファルコンS」「桜花賞」あたりになると思いますので、週末にかけてこの3レースを何度も見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)広告
レクタンダル(大)広告