初心者からはじめるPOGのススメ

ブログで新しいことをはじめた報告をするときに、土佐日記の書き出しを使ったことのある人、かなり多いと思います。
あの書き出し便利なんですよね、アレに変わる何かいい書き出しないですかね。

ということで(?)、ダービーが終わったタイミングでPOGをはじめてみました。
一緒にドラフトしてくれる友人などいるはずもなく、また血統や厩舎、馬主などの知識もほとんどない状態なので、この1年は練習と思いまずは「赤本」を購入してnetkeibaのPOGだけ登録しました。
で、このnetkeibaのPOGがとても初心者向きだなと感じたので、記事にしてみました。
以下、競馬好きの方には常識であろう内容が並ぶと思いますが、子どもの成長を見守るように温かい目で見ていただければ幸いです。

レースの前日まで指名できる!

一番のおすすめポイントはココです!
仲間内で行われるPOGの多くは、ドラフトで指名する馬を決定するために、ダービーの翌週の開催前までに全馬を指名しなければいけません。
その中には、前評判だけで実際には走らない馬も多くいますし、最悪の場合はケガなどで走ることさえかなわない馬も…。
しかしnetkeibaのPOGなら、レースの前日まで指名時間の猶予があるので、少なくとも出馬表に載ってからの指名ができます。
また、レース直前の調教の動きや時計などの情報も事前に確認し、吟味できることも重要です。
さらに、netkeibaの掲示板や2chでも直前になると書き込みが増え、多くの情報を得られます。
ただ、掲示板関連はやはり1次情報の確認が必要ですね、「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」は至言。

当たりやすい!

私は、最初の1頭にマイネルバールマンを指名しました。
以前「マイネル軍団に柴田大知・松岡正海騎手が乗る時は期待の現れ」的なことをツイッター上で教えていただいたことを思い出しての指名でした。
馬自身の写真も、拙いながらも「ここがこうなってる馬は良く走るんじゃないか」という自分なりのポイントを満たしていたことも大きかったです。
すると結果はどうでしょう、みごと関東の一番星!
今回はかなりの部分がビギナーズラックだったと思いますが、私はこの勝ちで一気にPOGに引き込まれました。

少し調べてみた感じだと、中央と地方含めて1勝する(新馬・未勝利戦を勝ちあがる)確率はざっくりいって50%のようです。
ということは、ランダムに10頭指名すると、そのうち5頭は1勝もできないわけです。
もちろん本などで有力と言われている馬を選べば50%ということはないかもしれませんが、より正確な直前の情報があった方が当然確率が上がります。
「レースの前日まで指名できる」メリットの副産物とも言えますが、「当たりやすい」ということはPOG初心者が楽しいと思える、とてもいいシステムだと思います。

予習と復習を毎週できる!

これも「レースの前日まで指名できる」メリットによるものですね。
毎週末が指名のチャンスなので、今週はどんな馬が走るのかなと予習し、そして結果を見て復習し、1週ごとに情報を血肉としていくことができます。
たとえば私自身も、先週マイネルバールマンを指名し、勝った後で「マイネル軍団は仕上げが毎年早く、この時期は走るが、秋~冬に満を持して登場する有力馬に追い越されていく」なんて情報を知りました。
いや、でも、きっと、マイネルバールマンはやってくれるはず! と思っていますけれど。
そんな情報も記録なり記憶なりにとどめておいて、来年のPOGに生かせばいいわけです。
これまである程度競馬に触れてきた人がはじめてPOGをする場合だけでなく、普通の競馬初心者が競馬を学ぶ時にもPOGを活用するといいんじゃないかと思います。
私のような競馬自体の初心者が偉そうに言ってしまうのははばかられますが…。


と、こんな感じでPOGを勧めてきました。
これらはnetkeibaだけでなくJRA-VANなどでも似たようなルール(地方競馬を含まないなど、細かい部分で差があります)で開催されています。
余裕があれば複数のサイトで登録し、それぞれ毛色を変えた指名をするなどしてみるのも面白いかもしれませんね。
例年、有力馬が本格的に登場しだすのは秋が多いそうです。
今からでも十分追いつくことはできますので、ためしに登録してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)広告
レクタンダル(大)広告